不妊治療をしようと思った場合に気になるのが、保険が適用されるかどうかですよね? 保険が適用されないとなると、治療費用を全額自己負担することになり、経済的に苦しくなります。 不妊治療の場合、保険が適用されるものと適用されないものがあると思ってください。 保険が適用される治療というのは、一般診療です。 一般診療とは、一般的な不妊検査やタイミング法といったものが該当します。 こういったものであれば、保険が適用されますが、生殖補助医療は対象外となります。 生殖補助医療とは、人工授精や体外受精、顕微授精といったものです。 これらの治療は保険が適用されないので、全額自己負担となります。 もし、不妊治療を行う場合、一般診療であれば保険が適用されるため、治療費用は3割負担で済みますが、それ以外の治療だと数万円〜数十万円という高額な費用が何度もかかってしまいます。 保険適用外の治療を受ける場合、病院やクリニックによって金額が異なるので、様々なところと比較して安いところを選ぶのもいいかもしれません。